所蔵仏像



木造阿弥陀如来坐像 当寺の本尊で、恵心僧都源信の作と伝えられる。定印を結び、蓮華座乗に結跏趺坐(けっかふざ)する。檜の寄木造りで、頭・体部はそれぞれ前後二枚矧(は)ぎとし、膝前に一材をあてる。表面は後世の漆泊(しっぱく)に覆われているが、穏やかな表情や衣文に平安後期の特徴がよく表されている。(像高87.4cm、平安後期)

木造阿弥陀如来立像 当寺創建当初の像で、恵心僧都源信の作と伝えられる。来迎印を結び、蓮華座上の直立する。杉と思われる材の一木造で、両手は後補である。表面の一部に金箔が残り、右肩や背面に貝殻が付着していることから、海中から引き上げられた仏像と考えられる。(像高77.5cm、平安後期) 秘仏のため掲載なし(寺誌には掲載)

木造千手観音坐像 宝樹堂(旧観音堂)の本尊で、四十二臂の十一面観音の小像。寄木造で玉眼を嵌入し、表面に漆箔を施す。多少かたい表情や衣文の整え方から、室町時代の作と考えられる。

木造不動明王立像

木造毘沙門天立像
両像とも上記の千手観音の脇侍像である。観音像の両脇に不動・毘沙門を祀る方式は天台系の寺院でよく見られる。ともに玉眼を嵌入し、彩色がよく残る。江戸時代の作。

誕生仏 釈尊は誕生と共に7歩歩かれ、「天上天下唯我独尊」と発せられたという故事を表したもの。(昭和61年建立)
この下は空井戸となっており、大阪城からの抜け道であると伝わる

苦行仏 「血もかれよ。肉もただれよ。骨も腐れよ。悟りを得るまでは私はこの座を立たないであろう。」と菩提樹の下に座られ、49日間の瞑想。12月8日、暁の明星がまだ消えぬ未明、35歳の釈尊は仏陀(目ざめた人)となられた。29歳で出家されて以来、6年目のことである。本像は苦行の末、仏陀となられる直前のお姿である。

雨宝童子立像 太閤秀吉の守り本尊。「寶樹尊」の墨書銘あり。

法然上人枕木の御影 法然上人が亡き母を偲び、師匠である慈眼房叡空上人がご使用になられた枕木を自ら彫られた御影